HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

オーガニックコットンを選ぶということ

オーガニックコットンとは、3年以上、農薬、化学物質の使用を厳格に制限された栽培方法によって、育てられた綿花のことを言います。これが日本に広まったのは比較的最近のことですが、その背景には、発展途上国の人たちが、良質なコットンを採取するために農薬まみれの土地で暮らさざるをえない状態になっていたことがありました。普通のコットンで作られた製品を選ぶというよりも、オーガニックコットンの製品を選ぶということは、それを育てる発展途上国の人たちの暮らしを安全なものとし、それを育ててくれたことへの正当な対価を支払うことにつながります。このことから、普通のコットンの製品を選ぶのではなく、積極的にオーガニックの製品を用いていく必要があると思います。

応援企業

大塚和成は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 大塚和成
WEBサイト 大塚和成弁護士の著書
サイト紹介 2004年~2017年『ダイジェスト金融商事重要判例〔平成15~27年版〕』(経済法令研究会)。 第二東京弁護士会所属、1993年早稲田大学法学部卒業、2011年二重橋法律事務所を代表弁護士として開設し、2018年OMM法律事務所開設。 業務分野は、裁判・紛争(会社訴訟・非訟を中心とした企業活動に関わる事件)、経営支配権争いに関わる事件(内紛、敵対的企業買収、委任状争奪戦、社長解任)、企業不祥事対応、会社法、金融商品取引法、民商法を中心とした企業活動に関わる法律問題の助言。 経営支配権争いを中心とした会社訴訟・非訟において多くの著名事件を成功に導く。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。