鶴居村のワーケーション
32/36

COLUM-menu-エゾシカ肉の前菜とロースト蝦夷鹿肉的前菜和烤肉感謝生命,可以享受在最棒的環境中提供北海道豐富美食的樂趣いのちに感謝し、北海道の豊かな食を最高の環境で提供できる面白さNTSURUI Village Workationハートンツリー服部 大地さんDaichi Hattori「ジビエは面白い」。服部大地さんはそう言って、目を輝かせる。きっかけはイタリアへ留学し本場のスロウフードを体験したこと。地元に帰ってみれば、腕のいい猟師兼食肉処理の職人がいて、本格ジビエに取り組める環境があった。「命をいただくからには、おいしく、できるだけ余さず活用したい」。新たな食文化の芽が、鶴居村に育ちつつある。“野味真的很有趣”。服部大地先生眼睛裡閃爍著光芒般說道。開始做野味的契機是留學義大利時親身體驗了正宗的“slow food”(慢食)。回到家鄉的時候,這裡有狩獵技術兼生肉處理的很好的師傅,也就有了一個投身於真正的野味中去的環境。“動物們獻出了生命,所以一定要沒有剩餘的的活用每一個部分發揮其美味”。新飲食文化的萌芽正在鶴居村不斷孕育之中。32

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る